セフレと同棲5年の女。突然結婚しました。

結婚恋愛日常あれやこれや

アメリカの精神病院に入院した4 : 2013年5月

5ページ目
今年は死なないことに決めた。
判断力があるようでないようでよくわからんから。
とりあえずみんなわたしに死んでほしくないみたい。
なんでかわからない。
なんでもいいから生きてほしいってのも、なんか適当なかんじだ。
私の人生に責任もたないといけないのはわたしで。
死に至る病」にかかってしまったわたしは立ち直れる気がしない。
ただ今はしなないでおこう。
誰かに話をきいてもらってもだめなときはだめなんだから、本当に
自分の意思で死にたいとおもったらそのとき死のう。
1回落ちたらあとはあがるだけとかいうのはうそだとおもう。
おちておちてはいあがる気も失った人間もいる。
別にだからって人生の敗者だとかそういうわけでもない
そうなったという事実があるだけ。

母親にはいおうかなとおもう。
ていうかいったら好きにさせてくれるだろうか。
大人だからいまここで静かにくらして治療したいとかいって
わかってくれるものだろうか。
不器用で素直な人間だから直接いろんなことをきくのはつらい。
だれかをとおしてきいたほうがいいのか。
よくわからない。
親には頼らず生きていきたい。

6ページ目
やりたくないことはできない。
料理もそんなにしたくないし、読書もべつにそこそこでいい
なんにもしたくない
やすみたい。つかれた。なにも考えたくない。考えなくていい環境をととのえて
そこで少し生活してからかんがえたい
引越しも考えてみようかな。
生きる道としてなにがいるだろう。
なんかいろいろ考えた結果詰んでるのでしにたいわけだ。やりたいことがない。
前にしてたことは自分でえらんだかどうかわからない。
信じたい道があるけど、まわりからするとまちがっている
結婚すればいいとかいわれたりもする
結局他人の価値観のなかでいきることになるだけで
いままでとなんらかわりがない。
日本で死んだら
飛行代だしてでも、友人にはきてもらおう。
お別れの手紙をちゃんと書かないといけない。

_________________________________________________
ちなみにこの6ページ目までは1日目にかいたものです。
7ページ目にして2日目の朝ってでてきたからびっくりした笑